ライトロード・ドミニオン キュリオスの効果が判明したので徹底的に考察!【遊戯王】

ライトロード・ドミニオン キュリオス効果を考察

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/戦士族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
同じ属性で種族が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
(2):自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
引用元:遊戯王速報

■新しいライトロードモンスター

トワイライトロードはどこへ?


■リンクマーカーはデコード・トーカーと同じ、上・左下・右下。

現時点では上にリンクマーカーが向いていることは基本的にデメリットなので大きなマイナスではある。

素材指定も同じ属性を指定しつつ、種族が異なるモンスターを3体必要としているのでやや使いにくい印象。


■①の効果はリンク召喚に成功した際にデッキからカード1枚を墓地へ送る効果。

モンスターを指定していないので魔法・罠カードも墓地へ送ることができるのは地味ながら大きな利点。


■②はライトロードが基本的に備えている墓地肥やし効果。

①の効果ですぐに発動することができる。


■③の効果は自身が相手の効果または戦闘で破壊された場合、墓地のカードを手札に加える効果。

モンスターを3体使用してこのカードを出しているので、ディスアドバンテージを最小限にできる効果は貴重。

ただし、効果でフィールドから離れた扱いにならない壊獣や、戦闘破壊でも効果を発動させないSNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニングには注意。


■第2(第3)のラヴァルバル・チェインか?

禁止カードに指定されているラヴァルバル・チェインと似た効果を持つのは、永遠の淑女 ベアトリーチェがあり、このカードも類似した効果を持つ。

ラヴァルバル・チェインとベアトリーチェは2体のモンスターで可能であるが、このカードは3体のモンスターを必要としている。

必要素材が1体増えるというのは軽視できない問題なので、同一のものや代替とは考えないほうが良い。

また、現在の遊戯王は可能な限り強力な同名モンスターで固めたほうがデッキ構築として安定するので、同じ属性で種族が異なるモンスター3体を用意する

労力とこのカードの効果が釣り合っているかは微妙なところ。

ライトロード・ドミニオン キュリオスはコンボに繋げるための効果だが、このカードを出して終わってしまう、またはこのカードを出すなら他の強力なモンスターを展開したほうが良い、という場合が実践では多い。


■このカードの利点としては、これまでよりも大量に墓地送りができるようになった点も挙げられる。

純粋なライトロードの構築ならば裁きの龍を簡単に出しやすくなった。

素材に3体のライトロードを使っていればこのカードの①の効果により、4種類目のライトロードを墓地に送れば裁きの龍を特殊召喚する条件が揃う。

既に4種類のライトロードが墓地に存在する場合はこのカードの①の効果でライトロードの裁きを墓地へ送れば裁きの龍をデッキからサーチが可能。


■3体の素材が必要というのはともかく、同じ属性で種族が異なるモンスター、という指定が大きなデメリットなので、ラヴァルバル・チェインのように多くのデッキに採用されるのは難しいと思われる。