LINK VRAINS PACKの影響、環境がどう変化するのかを考察【遊戯王】



LINK VRAINS PACKの影響、環境がどう変化するのかを考察

パック,ストラクチャーデッキ一覧
  • 11月11日発売 デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-
  • 11月25日発売 LINK VRAINS PACK
  • 12月9日発売 ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-
  • 12月16・17日(ジャンプフェスタ先行販売) PREMIUM PACK20
  • 12月23日発売 LINK VRAINS BOX

年内中はSPYRAL一強か

次のリミットレギュレーションは2018年1月。
SPYRALは何らかの規制が掛かると予想されるが、年内中は縛りなく力を最大限に発揮できる点、現時点での新カード情報から上下関係を大きく覆すカードは出ていないため、大会でのSPYRAL使用率は高いままだろう。

LINK VRAINS PACKの影響

遊戯王OCG デュエルモンスターズ LINK VRAINS PACK BOX

2017年11月現在はSPYRAL環境だが、その中でも魔術師、彼岸は大会で何度か結果を残しており、LINK VRAINS PACKにはこれらと相性の良いカードが収録されている。

■彼岸の黒天使ケルビーニを徹底的に考察!大会で採用されること間違いなし!?【遊戯王】
■ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラムの効果と能力が判明したので考察!【遊戯王】

どちらも強力な効果を持っているため、魔術師、彼岸のどちらもこれまでよりも安定して結果を残す可能性が高い。

だが、これらはあくまでも現時点での情報からの推測。

LINK VRAINS PACKに収録されているカードは全体的に強力な効果を持っているため、

未判明の新カードの中からとんでもなく強力な効果を持つカードが出ることも考えられる。

パワーコード・リンクのポテンシャルは?

ストラクチャーデッキも1つ、年内に発売される。前回のストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-に続き、2度目のサイバース族中心のテーマデッキとなる。現時点で判明しているカードは特に大きな話題として挙げられることは少なく、やや力不足な印象を受ける。しかしサイバース族自体がまだ発展途上であるため、これからの強化や再録カードに注目していきたい。特に、パッケージモンスターは「コード・トーカー」の名前を持つカードであり、デコード・トーカーよりも素材指定が緩いのも忘れてはならない。

PREMIUM PACK20およびLINK VRAINS BOX

これらは現在、情報がほぼ0のため詳細は不明。

どちらも毎年発売されるシリーズであり、大会で使用されるカードも多く収録されることが多い。

なお、PREMIUM PACK20は毎年恒例の先行販売。一般販売日は未定。

来年も注目! 2月10日発売のRARITY COLLECTION

こちらも詳細は不明だが、2014年に発売された「THE RARITY COLLECTION」と何らかの関係のあるパックと予想される。

このパックはラインナップも評判が良く、多くのカードが高価買取されている。

人気の高いカードや高レートのカードが収録される可能性があるため、高価なカードの購入はこのパックの発売を待つのも1つの手かもしれない。