水精鱗-サラキアビスの効果と能力が判明したので考察!【遊戯王】

水精鱗-サラキアビス効果・能力

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/海竜族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
魚族・海竜族・水族モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先のモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):相手ターンに手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから「水精鱗」モンスター1体を手札に加える。
(3):このカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合、
デッキから水属性モンスター1体を墓地へ送り、
自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
水精鱗-サラキアビス考察

LINK VRAINS PACKに収録が決定した水精鱗-サラキアビス。
魚族、海竜族、水族のモンスターいずれか2体を素材とする珍しい素材指定を持つ。

【水精鱗との相性は抜群!】

  • LINK VRAINS PACKは全体的に強力なカードが収録されており、テーマデッキを大きく強化することに成功している。
  • このカードも水精鱗とは非常に相性が良いカードとなっている。

①の効果はリンク先のモンスターの攻守が500アップする効果。

  • リンク先は相互リンクやリンクモンスターを指定しておらず、あらゆるモンスターを強化することが可能。
  • このカードではなくリンク先のモンスターの攻撃力が上がるというのも優秀。
  • 近年は効果を受けないカードや戦闘で破壊したほうが良い場合もあるため、高い攻撃力のモンスターをより高い攻撃力にすれば戦闘破壊できる機会も増える。
  • リンクマーカーは2つのため最大で1000ポイント分上昇する。
  • このカードも攻撃力1600とそれなりの打点があるので展開次第ではゲームエンドに持っていくことも可能だろう。

②の効果は手札を捨てて水精鱗をデッキからサーチする効果。

  • “エクストラデッキから呼び出せるモンスターでサーチ効果を持つカード”がいかに強いかは「ギアギガント X」や「キングレムリン」が既に証明している。
  • サーチ先の筆頭としては制限カードになった経験を持つ水精鱗-ディニクアビスだが、状況に応じて水精鱗をサーチしておきたい。
  • また、海皇は水属性モンスターの効果で墓地に送られたときに発動する効果を持っているため、水精鱗とは非常に密接な関係を持っている。
  • 今回収録される水精鱗-サラキアビスは海皇の名前はついていないが海皇ともいうべき効果を持ち、手札コストすらもメリットとして有効に扱える。

③の効果は相手によって破壊されたときにデッキから水属性モンスターを墓地へ送り、水属性モンスターを守備表示で特殊召喚する効果。

  • 周知の事実だがリンクモンスターには守備表示が存在しないため、このカード自身を特殊召喚することはできない点には注意。
  • 受動的な効果ではあるがあって困る効果ではないため、相手にとっては厄介な効果であることは間違いない。

【他のデッキにも採用できる?】

リンク召喚のための素材指定は魚族、海竜族、水族のため、もちろんこれらを使用するデッキであれば採用価値はある。

だが上記3種類はそのほとんどが水属性であり、リンクマーカーも完全に一致しているため、既にカード化されているマスター・ボーイを主に使用することが多いだろう。

そのため実質的には水精鱗だからこそ輝くカードと言える。