X・HERO ワンダー・ドライバーの効果・能力を考察【遊戯王】

X・HERO ワンダー・ドライバーの効果・能力

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1900
リンクマーカー【上/下】
「HERO」モンスター2体
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先となる自分フィールドに「HERO」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、自分の墓地の「融合」魔法カード、「フュージョン」魔法カード、「チェンジ」速攻魔法カードの内、いずれか1枚を対象として発動する。そのカードを自分フィールドにセットする。
②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「HERO」モンスター1体を特殊召喚する。
プレミアムパック20にX・HERO ワンダー・ドライバーの収録が決定した。
ヒーローデッキは環境に何度も影響を与えているため既に注目度の高いカードだ。
・モンスター効果
  • 素材指定はHEROモンスター2体。
  • HEROデッキはモンスターを大量展開しやすく、条件を満たすこと自体は容易。
  • しかしM・HEROとマスク・チェンジを使用する場合はHEROモンスターが必要となるため、相性の良いゴブリンドバーグや召喚僧サモンプリーストが残ってしまう可能性があるのは注意点。

①は自分のリンク先にHEROが召喚・特殊召喚された場合に墓地の
「融合」魔法カード、「フュージョン」魔法カード、「チェンジ」速攻魔法カードをフィールドにセットできる。

  • HEROはマスク・チェンジが強力なカードであるが速攻魔法であるため、回収したターンには使用できない。
  • 融合HEROを多用するタイプであればミラクル・フュージョンとは抜群の相性を誇る。
  • 2体のHEROを場に用意し、このカードをリンク召喚。
    ミラクル・フュージョンを発動し、このカードのリンク先に融合召喚。
    このカードの効果でミラクル・フュージョンを回収。
    墓地に水属性モンスターがいればこのカード+水属性モンスターでE・HERO アブソルートZeroを融合召喚したい。
  • アブソルートZeroは融合素材にE・HEROを指定しておらず、HEROモンスターを指定しているため、このカードを素材にできるのも相性が良い。

②は相手によって破壊された際に手札からHEROモンスターを特殊召喚する効果を持つ。

  • このカードをリンク召喚されている以上、あまりない状況とは言えるが、
    場にこのカードしかなく、手札の1枚がE・HERO バブルマンのみだった場合にバブルマンのドロー効果を発動することができる。
  • 基本的には狙ってやるべきことではないので知識として覚えておく程度で良いだろう。
  • なお、特殊召喚するモンスターのレベルに制限はないため、E・HERO ネオス等の高レベルモンスターも呼び出すことができる。

HEROデッキの救世主となるか?

「HERO」の名前があり、リンクモンスターという点で有用性は高い。

しかしこのカードは致命的にもリンクマーカーが上下であり、エクストラモンスターゾーンを拡張できていない。

これまでのヒーローデッキの強さはM・HERO ダーク・ロウを呼び出しつつ、隣に強力なモンスターを並べる点にあった。

このカード単体ではその再現が不可能であるため、HEROデッキを使用している人にとってはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-に収録されるLANフォリンクスのほうが注目されているかもしれない。

こちらはあらゆるモンスターを素材にでき、エクストラモンスターゾーンも拡張できるためヒーローデッキ使いにとっては大いに使い道のあるカードとなるだろう。

総評

HEROのリンクモンスターという点で環境で使用される可能性もあるが、どちらかと言えば融合召喚を多用するヒーローデッキで活躍するカードだろう。

前述のとおりミラクル・フュージョンを用いた連続融合が容易いため、
余裕がなくともエクストラデッキに入れておきたいカードと言える。