LANフォリンクスの効果と能力を考察。パワーコード・リンク-に収録【遊戯王】

LANフォリンクス 効果・能力

リンクモンスター
リンク2/光属性/サイバース族/攻1200
【リンクマーカー:左下/右下】
モンスター2体

ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-に収録が決定したLANフォリンクス。
一切のカード効果を持たないカードだが非常に考察のしがいがあるモンスターと言えよう。

考察

LINK2で攻撃力1000、素材指定はモンスター2体。リンクマーカーは左下と右下。

  • 攻撃力は低いものの、あらゆるモンスターを素材にでき、なおかつ優秀なリンクマーカーを持つため、有用性はかなり高い。
  • これまでエクストラモンスターゾーンを拡張させるために一番汎用性の高いカードはデコード・トーカーであった。
  • 効果モンスターの指定がありつつ、モンスターが3体必要であり、モンスター2体でリンクマーカーを2箇所に増やせるのは最新のテーマデッキや属性を指定するミセス・レディエントなどしかなかった。
  • このカードは効果を持たないもののリンクマーカーによって優秀な効果を持っていると言っても過言ではなく、多くのデッキに採用されるカードだろう。

さらばリンクルベル

プロモーションパック2017ではリンクルベルが登場し、条件は厳しいもののモンスター2体でリンクマーカーを増やせる点が強力で、魔術師デッキ等で採用の価値があるカードであった。

しかしこのカードの登場により、リンクルベルは相当肩身の狭いカードとなった。

攻撃力が僅か300しか勝っておらず、属性と種族で差別化するのも厳しい。

このカードの欠点

LANフォリンクスは良くも悪くも”リンクマーカーの拡張”だけの存在という点。

効果モンスターではないため、効果モンスターを素材指定している
デコード・トーカーやヴァレルロード・ドラゴンへ繋げることができない。

あらゆるデッキに投入できると言えるカードではあるが、リンク召喚を多用するデッキであればよく考えて採用を検討したいところ。リンク召喚を多用するということは、このカードを使わずともエクストラモンスターゾーンの拡張ができるのである。

採用したいデッキ

展開力を持っているが新ルールによって力を発揮できなくなったデッキには特におすすめできるカードだろう。

RRなどは展開力とエクシーズモンスターを複数並べることが得意なため、他に相性が良いカードが登場しない限りは採用価値の高いカードとなる。