サモン・ソーサレス高騰理由を考察【遊戯王】

サモン・ソーサレス高騰考察

リンクモンスター
リンク3/闇属性/魔法使い族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
トークン以外の同じ種族のモンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札からモンスター1体を、このカードのリンク先となる相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族のモンスター1体をデッキから選び、
このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

Vジャンプ2018年1月号が発売され、サモン・ソーサレスの初動価格や大体の相場が判明した。
今回は個人的な見解を交えつつ簡単な考察をする。

・大体の価格
ヤフオク、メルカリなどのサイトでは大体750円~800円で取引されている。
Vジャンプの定価を超える価格のため、やや高騰していると言っても良いだろう。

サモン・ソーレス高騰理由

発売直後のため大会での実績は当然ないが、既に高騰している理由としては、カード考察の記事でも書いたようにこれから悪用の可能性を大いに秘めたカードである点が大きい。

デッキによっては複数積みの必須カードとなり得るので、そうなったときに備えて今の時点で買い揃えておこうとしている人が多いと思われる。

これまでも大会で結果を残した限定カードは初動価格の何倍にも膨れ上がっているため、買うのであれば今のうちに買い揃えておくと良い。

サモン・ソーサレスのこれから

遊戯王カードは新カード、新ルールによって評価が一気に変わる傾向がある。

リンクルベルが登場したため半年~1年は左下・右下のリンクマーカーを持つ汎用リンクモンスターは登場しないと思われていたが、半年も経たずにLANフォリンクスが登場することになり、リンクルベルの立場はほぼ無くなってしまった。

サモン・ソーサレスもその点では大会や実践では見向きもされないカードとなる可能性と、一気に必須カードまで上り詰める可能性の両方をほぼ50%ずつの割合で持っているだろう。