インヴェルズ・オリジンの効果と能力を考察【遊戯王】

インヴェルズ・オリジン 効果・能力

光属性/ 悪魔族/ ATK 2000/ LINK-2
「ヴェルズ」モンスター2体
①:このカードがEXモンスターゾーンに存在する限り、お互いにEXデッキからメインモンスターゾーンにモンスターを特殊召喚する場合、このカードのリンク先にしか出せない。
②:このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、このカードが効果の対象にならず、戦闘・効果では破壊されない。
③:1ターンに1度、フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。その破壊されたモンスターの数まで、デッキからレベル4以下の「ヴェルズ」モンスターを守備表示で特殊召喚する。

LINK VRAINS PACKに収録が決定したインヴェルズ・オリジン。

名前は「インヴェルズ」であるが、実際は「ヴェルズ」デッキに採用されるカードとなる。

モンスター情報

素材指定はヴェルズモンスター2体。

ヴェルズは安定して2体のモンスターを並べることが得意なテーマであるため、素材条件を満たすことは容易である。

①の効果はこのカードがエクストラモンスターゾーンに存在すればお互いにメインモンスターゾーンにはこのカードのリンク先にしか出せないという効果。

“エクストラデッキからメインモンスターゾーンに特殊召喚する場合”というのが非常に重要であり、相手はエクストラモンスターゾーンが空いていればそこが使用できてしまい、相手は結局、2箇所のエクストラモンスターゾーンを確保できてしまっている。

リンクモンスターを主体とせずエクストラデッキに依存したデッキであれば
相手に塩を送りかねない危険な効果である。

反面、リンクモンスターへのメタカードとなり得る効果であることも間違いない。

仮にこのカードのリンク先にリンクモンスターを出されても相手はそれ以上
メインモンスターゾーンにリンクモンスターをリンク召喚できず、エクストラモンスターゾーンに出そうにも相互リンクは不可能であるため、展開力を阻害することができるだろう。

リンクモンスターが主体のデッキにはセキュリティ・ドラゴンやファイアウォール・ドラゴンが確実に採用されているが、これらに対しては②の効果が非常に有効となる。

②の効果はこのカードのリンク先にモンスターが存在する場合、このカードは効果の対象を受けず戦闘・効果で破壊されない。

同パックに収録されるフレッシュマドルチェ・シスタルトとは雲泥の差というほどの強力な耐性効果である。

この効果により相手はこちらのリンクマーカーを利用しての相互リンクを行い、モンスター除去をすることが不可能となるため、セキュリティ・ドラゴン等で簡単に処理されることはない。

③の効果は場のモンスターが破壊された場合に破壊された数に合わせてレベル4以下のヴェルズを守備表示で特殊召喚する効果。

戦闘・効果で破壊されれば発動できるため、自分からカードを破壊することで能動的に発動することが可能。デッキからという点も優秀であり、単純に場のヴェルズを違うヴェルズに変換し、効果を使用したのちエクシーズモンスター等に繋げるのが良い。

激流葬などで大量破壊された場合にも破壊された数に合わせて特殊召喚を行うため、リカバリー能力が非常に高いのも大きな評価点だろう。

ヴェルズデッキの影響

このカードはヴェルズにとって必須カードと言っても過言ではない強力なカードだろう。

このカードのリンク先にヴェルズ・オピオンを置けば非常に強力な布陣となり、戦いを優位に進めることができるだろう。

根本的な問題

ヴェルズに限ったことではないが、新規のリンクモンスターを貰った場合でもデッキ本体に展開力がなければ意味をなさない。

確かにヴェルズはモンスター2体を並べることが得意なテーマである。

このカードとヴェルズ・オピオンを並べれば強力な布陣も築ける。

その場合、課題が「自分の場にヴェルズを4体並べる」となる。

ヴェルズの強さはよほど手札が悪くない限り、2体のモンスターを並べてヴェルズ・オピオンをエクシーズ召喚できる点が強力であるため高い評価を受けていた。

しかし自分の場にヴェルズを4体並べるということに関しては安定は決してしない。