フレッシュマドルチェ・シスタルトの効果・能力を考察【遊戯王】

フレッシュマドルチェ・シスタルト 効果・能力

  • リンク・効果モンスター
  • リンク2/地属性/天使族/攻1500
  • 【リンクマーカー:左下/右下】
  • 「マドルチェ」モンスター2体
  • (1):このカードのリンク先に「マドルチェ」モンスターが存在する限り、
    自分フィールドの「マドルチェ」魔法・罠カードは効果の対象にならず、効果では破壊されない。
  • (2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、
    代わりに自分の墓地の「マドルチェ」モンスター1体をデッキに戻す事ができる。

LINK VRAINS PACKに収録が決定したフレッシュマドルチェ・シスタルト。

このパックは各テーマデッキを強化するよう新たなリンクモンスターが追加されているが、このカードが現在のマドルチェにどのように影響するかを考察。

モンスター情報

素材指定はマドルチェモンスター2体。

必然的にマドルチェ専用となるため、他のデッキには採用できない。

①の効果はリンク先のマドルチェを魔法・罠の対象とすることができず、効果では破壊されない効果。

最近では対象を取る効果全てを無効とするカードが多く存在し、珍しい下方効果と言える。このカード自身が消滅すれば耐性が失われるが、その点は②の効果で補うことができる。

②の効果はこのカードが破壊される場合に墓地のマドルチェをデッキに戻す効果。

このカードをリンク召喚している時点でマドルチェは最低2体存在するため、耐性としては優秀な部類と言える。

しかしマドルチェでは墓地のマドルチェをデッキに戻すことで発動するカードも多く、使いどころには注意しておきたい。

問題点

このカードの最大の問題点はリンク素材の指定と言える。

まず第一に、マドルチェの展開力は他のカードに支えられている割合が大きいこと。

特に、エクシーズモンスターであるM.X-セイバー インヴォーカーを起点とする場合が多く、エクシーズモンスターを出してしまうとエクストラモンスターゾーンが既に埋まってしまうのである。

リンク召喚を主体とせずエクストラデッキに依存するデッキにとって、一箇所のエクストラモンスターゾーンをいかに活用するかが課題でもあるため、効果使用済みのM.X-セイバー インヴォーカーを場から消すことができないのは
マドルチェデッキにとってはかなり大きなマイナスとなる。

また、効果自体もマドルチェにとってほれほど相性が良いものではなく、リンク先にもマドルチェモンスターを要求しているため、せっかく増えたエクストラモンスターゾーンを有効活用しにくいのである。

効果もどちらも不安定かつ受身的であるのも大きなマイナスである。

マドルチェは強化された?

残念ながらマドルチェにとってはあまり大きな影響を与えることのできないカードである。

エクストラモンスターゾーンの拡張にしても既にミセス・レディエントが存在しており、こちらはスケープ・ゴートによる羊トークンも素材に可能であるため差は大きい。

ミセス・レディエントであれば上記のM.X-セイバー インヴォーカーも素材にできるため、このカードの立場はかなり狭いと言わざるを得ないだろう。