聖騎士の追想イゾルデ効果・能力を徹底的に考察【遊戯王】

聖騎士の追想イゾルデ効果・能力

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、
そのモンスター効果も発動できない。
(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

LINK VRAINS PACKで収録された聖騎士の追想 イゾルデ。

聖騎士は海外先行販売で登場したテーマデッキであり、

種類が豊富なデッキである。

モンスター情報

素材指定は戦士族モンスター2体。

戦士族を指定しているが聖騎士モンスターを指定していないため、汎用性は非常に高い。

ゴブリンドバーグやマジック・ストライカーなどの展開力のあるカードを使いやすく、聖騎士だけではなくE・HEROや六武衆などのデッキにも使用することができる。

①の効果はリンク召喚の際に無条件でデッキから戦士族を手札に加えることができる。

  • レベル制限もないため、制限カードである増援よりもサーチ能力は高い。
  • デメリットとして手札に加えたモンスター(同名カード含む)召喚・特殊召喚ができず、効果も発動できないため、実質は次のターン以降に使用可能となる。
  • 例外としてはペンデュラムモンスターをサーチすればペンデュラムとして使用でき、このターン中は発動ができないが次のターンから手札で発動できるE・HERO オネスティ・ネオスなどを手札に加えるのも良い。

②の効果はデッキから装備魔法を墓地へ送り、送った数と同じレベルの戦士族を特殊召喚する効果。

  • 聖騎士は必然的に多種の装備カードを採用するデッキであり、墓地の装備カードを利用することが得意なため非常に相性が良い。
  • 聖騎士であればこのカードのリンク召喚後に装備カードを墓地へ送り、デッキから聖騎士を特殊召喚、そこから聖騎士のエクシーズモンスターやシンクロモンスターへ繋げると良いだろう。
  • こちらも聖騎士ではなく戦士族を指定しているため、他のデッキであっても神剣-フェニックスブレードなどを採用するのも面白い。
  • 戦士族は他の種族に比べて専用の装備カードも多いのも利点。

聖騎士デッキへの影響

このカードは聖騎士にとって非常に大きな影響を与えるカード。

聖騎士は今までエクシーズやシンクロをしても墓地に装備カードがないため、思うように力を発揮できないことが多々あった。

しかしこのカードがあれば墓地に欲しい装備魔法カードを墓地に送りつつ、場にモンスターを展開しているためこのカードを呼び出すための損失がないどころかむしろ大きなアドバンテージになっていると言っても良い。

聖騎士はデッキ構築を全体的に見直し、このカードの存在をしっかり意識した構築にすることになるだろう。

カードの存在としての優秀さ

このパックに収録されたリンクモンスターの多くはリンクモンスターだけを出されてもそれを出したあとにモンスターを並べるほどの展開力はない、というパターンが非常に多かった。

しかしこのカードは聖騎士のテーマとして大きな強化をしつつ、次に備えての展開力も備えている。

更には聖騎士だけではなく戦士族と装備カードを採用したデッキであれば採用の余地があるため、将来性も大いに高いカードであると言える。

②の効果を使用せずとも戦士族テーマであれば単純にリンクマーカーによるエクストラモンスターゾーンの拡張と戦士族のサーチを同時に行えるため、現在のHEROデッキにも既に採用の価値がある。