第66回トレカマニア遊戯王CS大会結果考察【遊戯王】



66回トレカマニア遊戯王CS大会結果考察

大会概要

大会名:第66回トレカマニア遊戯王CS
対戦形式:トーナメント
定員:64名

【戦績】

  • 1位【トリックスター】
  • 2位【海皇水精鱗ガエル】
  • 3位【SPYRAL】

https://ameblo.jp/torekamania/entry-12331324485.html

[大会結果]

今大会ではアニメ遊戯王VRAINSでブルーエンジェルが使用する【トリックスター】が優勝。

キーカードであるトリックスター・リンカーネイションが制限カードに指定されているが、そのハンデを押し退けて結果を残すこととなった

[デッキ構築の共通点]

1位~3位は全て違ったタイプのデッキであるが、BF-朧影のゴウフウが全てのデッキに採用されている。幽鬼うさぎや灰流うららは汎用カードとして広く認知されているが、BF-朧影のゴウフウも立派な汎用カードと言っても過言ではないだろう

召喚権を使わずモンスター3体分として扱えるのはやはり強力無比なパワーカードであり、今後、新しいリンクモンスターが登場するたびにその需要は増していく一方だろう

[やはり強力なハリファイバー]

水晶機巧-ハリファイバーはSPYRAL以外のデッキ全てで採用されており、そのSPYRALよりも上位になっているのがこれらのデッキである。

偶然という点を差し置いても水晶機巧-ハリファイバーの影響力は非常に高いことが伺える。

あらゆるデッキが強化されたというわけではないが、お気に入りのデッキがあれば

このカードを意識した構築でデッキ強化を考えるのも良いだろう。