リミットレギュレーションが発表:今後の環境考察【遊戯王】



リミットレギュレーションが発表:今後の環境考察

遊戯王.jpにて2018年1月より適応されるリミットレギュレーションが発表された。

【禁止】

  • エンシェント・フェアリー・ドラゴン

【制限】

  • SPYRAL GEAR-ドローン
  • SPYRAL-ジーニアス
  • ダンディライオン
  • BF-隠れ蓑のスチーム
  • ファイアウォール・ドラゴン
  • SPYRAL RESORT

【準制限】

  • 同族感染ウィルス
  • トーチ・ゴーレム
  • 影霊衣の術士 シュリット
  • マスマティシャン
  • ローンファイア・ブロッサム
  • スケープ・ゴート
  • 汎神の帝王
  • 盆回し
  • 神の警告

【無制限】

  • 海皇の竜騎隊
  • 増殖するG
  • ブラック・ホール
  • 未来融合-フューチャー・フュージョン

今回の内容によって今後の環境も大きく変わっていくだろう。 [エンシェント・フェアリー・ドラゴンが禁止カードに]遊戯王5D’sに登場したエンシェント・フェアリー・ドラゴンが禁止カードとなった。

亡龍の戦慄-デストルドーの登場によって容易にシンクロ召喚を行いつつ強力なフィールド魔法をサーチできる性能からこの措置となった。

シンクロ召喚の全盛期の頃では非常に評価の低いカードであったため、現在の使用方法を知らない人は大きく混乱している。

余談ではあるが海馬瀬人が使用した破壊輪、闇マリクの使用した処刑人-マキュラなどは主要キャラが使用したカードが禁止カードになった例はこれまで何度もあるが、主要キャラが使用した主要カードが禁止カードになることは極めて珍しい。

なお、これによって龍可が使用したカードではスポーアに続き2度目の禁止カードである。

[ファイアウォール・ドラゴンが早くも規制]現在放送中の遊戯王VRAINSで登場するファイアウォール・ドラゴンも制限カードに指定されることになった。

こちらも珍しいパターンではあるが、似た前例ではブラック・ローズ・ドラゴンなどがある。

ファイアウォール・ドラゴンの欠点らしい欠点といえば相互リンク前提の効果であることと、モンスターの必要数が多いことくらいであるため、この2点を容易にクリアできる大量展開が可能なデッキにとっては複数体並べることが造作もないことであった。

ファイアウォール・ドラゴン自身も特殊召喚を行う効果を持っており、回数制限もないためやむを得ない措置と言えるだろう。

リンク召喚を行うデッキでは3積みされることも多かったため、今後のエクストラデッキの構築がどうなるかが注目である。

[SPYRALの制限カードは3枚]SPYRALからはドローン、ジーニアス、RESORTの3枚が制限カードに指定された。

これは最初にしてはやや厳しめに掛かっており、SPYRALにとってはデッキ構築を大きく見直さなければならないだろう。

規制を受ける以前から既にSPYRAL一強というわけでもなくなっているため、今後は結果を残せれば良い程度に落ち着くことが予想される。

[準制限カード]今回、準制限カードに指定されたカードの中では盆回し、スケープ・ゴート、トーチ・ゴーレムなどがあるが、これらは全て最新のストラクチャーデッキに付属しているカードである。

どういった意図があるかは不明だが、いきなり制限カードにしなったのは様子見の意味合いもあるのかもしれない。

[ブラック・ホール]今回の改訂によってついにブラック・ホールがデッキに3枚投入できるようになった。

ブラック・ホールは遊戯王5D’sの放送時期(2010年9月)に禁止カードから制限カードになったが、遊戯王GX時代の禁止カードとなっていた時代を知っている人にとってはかなり衝撃的と言える。

3積み可能にはなったもののブラック・ホールですら対応速度は遅いとされているため、今後の環境で使用されるかは流行デッキの傾向によるだろう。