スペース・インシュレイターの効果能力を考察【デュエルマスターズ】

スペース・インシュレイターの効果能力を考察

スペース・インシュレイター効果・能力
リンク・効果モンスター
闇属性/サイバース族/攻 1200/LINK 2
モンスター2体
①:このカードのリンク先のモンスターの攻撃力・守備力は800ダウンする。
②:このカードが墓地に存在し、
自分フィールドにサイバース族リンクモンスターがリンク召喚された時に発動できる。
そのモンスターのリンク先となる自分フィールドにこのカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードはリンク素材にできず、
フィールドから離れた場合に除外される。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

次回のブースターパック、フレイムズ・オブ・デストラクションに
スペース・インシュレイターの収録が決定した。
モンスター2体という召喚条件のリンクモンスターはこれまで前例があるが、この素材指定のモンスターがブースターパックに収録されるのは初である。

[モンスターデータ]

  • ①の効果はリンク先のモンスターの攻撃力・守備力を800下げる効果。
    リンクマーカーは上にも向いているため相手モンスターの攻撃力を下げることもできるが、リンク先は基本的に自分が有利になるように使用するため実質的にはデメリット効果と言っても良いだろう。
    ①の効果を生かすのであれば攻撃力が変化することで効果を発動するモンスター、例を挙げればD-HERO ディストピアガイなどとコンボで使用するのが望ましいだろう。
  • ②の効果は自身が墓地にいる際にサイバース族リンクモンスターがリンク召喚された際に自己再生できる効果を持つ。しかし大きなデメリットを2つ抱えており、1つはこの効果で特殊召喚した場合はリンク素材にできないこと。
    リンク2のモンスターであるため素材として優秀なため、このデメリットは非常に痛い。
    2つめは墓地に送られたターンには発動することができないこと。
    リンク召喚はこれまでの召喚法に比べて瞬発力が求められているためこのカードをリンク召喚したうえで次のターンに効果を生かすのであれば、最初から汎用性の高いLINK2のモンスターを呼び出したほうが効率が良く安定する。
  • 総合的に見てもセキュリティ・ドラゴンのほうが優先されることになるだろう。

[まとめ]

前述のとおりブースターパックでは初のモンスター2体という素材指定のため、セキュリティ・ドラゴンなどを入手できなかった人は代用として使用するのも良いだろう。