無限泡影の効果・能力を考察【遊戯王】



無限泡影の効果・能力

フレイムズ・オブ・デストラクションに無限泡影の収録が決定した。
強力な効果を持つ罠カードであるため、今後どう環境に影響を与えるか注目されるだろう。

通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードは手札からも発動できる。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。セットされていたこのカードを発動した場合、さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。



無限泡影考察

[カード効果]

  • 自分の場にカードが存在しない場合に手札からも発動でき、相手モンスター1体の効果をターン終了時まで無効にする効果を持つ。
  • 「自分フィールドにカードが存在しない場合」であるため、モンスターはもちろん、フィールド魔法などがある場合もこの発動条件を満たすことはできない。

[なぜ強力な効果なのか]

  • このカードは相手に先攻を取られた場合でも即座に発動できる点が最大の特徴である。
  • 近年の遊戯王では基本的に先攻が有利であり、その理由は妨害を受けにくい点にある。
  • そのため幽鬼うさぎや灰流うららなどのカードが大会では採用されており、このカードもそれらのカードのように扱うことができる。
    また、発動条件は手札から発動する場合のみであるため、中盤から終盤に引いても問題なく無効効果を使用することも優秀な効果だ。

[類似カードとの比較]

●エフェクト・ヴェーラー

カード効果自体はエフェクト・ヴェーラーとほぼ同じものである。
明確な違いはモンスターか罠であるか、相手メインフェイズ以外でも発動できるかなどが挙げられる。

●ブレイクスルー・スキル

こちらは同じ罠カードであり、セットして使用する場合は墓地でも効果を発動できるブレイクスルー・スキルのほうが優秀である。

このカードの利点としては前述の後攻であっても即座に発動できる点、そして

後半の同じ縦列の魔法・罠カードの効果が無効にできる点である。

こちらも「無効にしたモンスターの縦列」ではなく「このカードと同じ縦列」である点は覚えておきたい。

そのため特定のモンスターを無効にしつつ、狙いの魔法・罠カードを無効にすることもできる。

例としては相手の永続魔法がある縦列で発動をしたり、適当に相手のモンスターの効果を無効にし、魔法・罠カードの効果無効を本命に使用もできる。

ただしその場合は相手がこのカードの縦列にカードを発動している場合に限られるため、この使用方法は基本的には難しいだろう。

[環境に与える影響]

近年ではエフェクト・ヴェーラーもブレイクスルー・スキルも大会では採用されないケースが多いため、このカードもそれほど採用されない可能性も高い。
しかし縦列の魔法・罠を無効にする効果や手札から発動できる罠という点は
他にはあまり見ることのないカード効果であるため、環境次第では重要なカードとして採用される可能性もまた高いと言える。