幻影騎士団デッキ解説(第8回ヒノキ杯参考)【遊戯王】

幻影騎士団デッキ解説(第8回ヒノキ杯参考)

第8回ヒノキ杯にて幻影騎士団が優秀な結果を残している。

幻影騎士団はエクシーズ召喚が主体のデッキであり、環境の加速化や新マスタールールの影響で最近では注目されていなかったが、少なからず改めて見直される機会となるだろう。

[エクシーズからリンクへの変化]

  • 後述しているがこれまでの幻影騎士団と比べてリンクモンスターが主体となっているが、基本的な動きはエクシーズ召喚が主体であった頃と変わらない。
  • サイレントブーツ、ダスティローブ、ラギッドグローブのサーチ能力や蘇生能力を生かし、持ち前の息の長さで継続的にアドバンテージを取っていく。
  • 注意点としては幻影霧剣などで蘇生したモンスターはフィールドから離れた場合に除外されてしまうこと。
  • これまではエクシーズ召喚によってデメリットを実質打ち消していたのだが、リンク召喚ではフィールドから離れた扱いとなるため、単純にエクシーズからリンクへ変化したというわけではない。

[エクストラデッキはリンクモンスター主体]

  • 幻影騎士団が全盛期の頃とは打って変わり、エクシーズモンスターの採用は2体程度に抑えられており、いずれもダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンが不採用である。
  • 幻影騎士団の強さは幻影騎士団ブレイクソードの存在も大きく、ブレイクソードと相性の良いダーク・リベリオンは常に両方で採用されていた。現在でも強力なコンボであることは間違いないのだが、やはり新マスタールールによるエクストラモンスターゾーンによる影響が大きい。
  • エクシーズモンスターを出してしまうと次にエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できないため、ブレイクソードで特殊召喚されたモンスターをエクシーズ素材に使用するよりリンク素材にしたほうが良い場合が多い。
  • ブレイクソードの②の効果で特殊召喚をすると闇属性モンスターしか特殊召喚できなくなるが
    デコード・トーカーが闇属性であるためそこまで困る制約ではないと言える。

[トークン生成の手段]

  • これまでの幻影騎士団と大きく違う部分はトークン生成カードが多く採用されていることである。
  • 今回の大会ではスケープ・ゴートやダンディライオンなどが採用されているため、いかにリンク召喚が強力かつ主体にすべき戦術となっているかが分かるだろう。
  • これらのカードでリンクモンスターを呼び出しつつ、幻影騎士団の展開力を用いて更なるリンク召喚に繋げるのがこのデッキのコンセプトである。