フレイムズ・オブ・デストラクション注目カード一覧!【遊戯王】

フレイムズ・オブ・デストラクション注目カード一覧!

2018年1月13日に新しいブースターパック、フレイムズ・オブ・デストラクションが発売された。

カードラインナップも既に判明しているため、今回のパックの注目カードをいくつかピックアップする。

[屋敷わらし]

チューナー・効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻   0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その発動を無効にする。
●墓地からカードを手札・デッキ・EXデッキに加える効果
●墓地からモンスターを特殊召喚する効果
●墓地からカードを除外する効果

名前からも幽鬼うさぎや灰流うららを連想させるため、おそらく今回のパックで誰もが最も注目しているカードの1枚だろう。

モンスター効果は灰流うららを彷彿とされる効果であるが、どちらかと言えばD.D.クロウが類似カードとなる。

あちらのカードではできないことと言えば、たとえば相手がモンスターを1度に蘇生させるカード、真炎の爆発などを使った場合、D.D.クロウでは1体までしか対処ができず、こちらでは完封することが可能である。

しかしあちらはカードを除外しているため、再利用等を難しくする利点がある。

一概にどちらが良いとは言えず、状況や相手のデッキによるとしか言えない部分が大きい。

総じて環境での採用率は幽鬼うさぎや灰流うららと並ぶところは現在のところ低いと言える。

しかし現在の遊戯王は”一度に大きな影響を及ぼすカード”が非常に多くなっているため、先述した真炎の爆発のような墓地のカードを1度に複数選ぶようなカードが環境で主流となったとき、このカードは有用なメタカードとなるのは間違いない。


[トリックスター・ブルム]

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/天使族/攻 100
【リンクマーカー:下】
レベル2以下の「トリックスター」モンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
相手はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードのリンク先の「トリックスター」モンスターが
戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
相手の手札の数×200ダメージを相手に与える。デュエマ速報連絡用LINE

レアティはノーマルカードではあるが、【トリックスター】が環境でも結果を何度も残している以上、無視することのできないカードだろう。

レベル2以下のトリックスターモンスター1体という召喚条件を持つリンクモンスターであり、文字通りレベル2以下のトリックスターは全てこのカードに変化することができると解釈できる。

リンクマーカーも真下であるため相互リンクや次のリンク召喚にも繋げやすいのも使いやすい。

星杯戦士ニンギルスのようなリンクモンスターを素材に指定したモンスターを呼び出しやすくもなるため、このカードが存在している以上、今後はレベル2以下のトリックスターモンスターもこのカードと連動して考える必要があると言えるだろう。

なお、①の効果は基本的にデメリット効果であるが、「発動できる」であるため発動をしなくても良い。


[「トロイメア」リンクモンスター]

今回のパックで登場したリンクモンスター。

夢幻崩界(デストロイメア)イヴリース以外はリンクモンスターで占められている。
主な共通点としては、

・トロイメア・マーメイド以外はカード名が異なるモンスター2体or2体以上という条件
・手札を1枚捨てて発動する効果と、相互リンクの状態だった場合に1枚ドローできる効果
・モンスターゾーンに存在する場合に発動する効果

となる。「トロイメア」を指定した効果はトロイメア・マーメイドのみであるため、他のリンクモンスターはあらゆるデッキに投入される可能性を検討できる。

今後、相互リンクがデュエルにおいて非常に重要なウエイトを占める可能性が高く、これらのカードは相互リンクであることで手札を1枚捨てつつ1枚ドローの効果があるため、高ランクのリンク召喚を行う際の中間点としても優秀なのである。

どのモンスターも状況に合わせて使用するべきだが、中でもトロイメア・ケルベロスはリンクモンスターを使用している人であれば入手しておきたいカードであることは間違いない。

たとえ相互リンクの状態で効果を発動ができなくても相手の特殊召喚モンスターを対処可能であるため、汎用性も高いためである。

余談ではあるがトロイメア・ケルベロスとトロイメア・フェニックスの登場により、少ない数でエクストラリンクが可能となった。これまでエクストラリンクを行う場合は必要のない部分にもリンクマーカーが向いてしまっていたのである。

あくまでも一例ではあるが、

「リンク・スパイダー」→「トロイメア・フェニックス」→「ハニーボット」→
「トロイメア・ケルベロス」→「リンク・スパイダー」

とすれば、必要なモンスターが8体と最小限でエクストラリンクが可能となる。