空牙団登場!新しいデッキタイプを解説&考察【遊戯王】

空牙団登場!新しいデッキタイプを解説&考察

2月24日に発売されるデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズに新しいテーマデッキ「空牙団」の収録が決定した。

[空牙団の特徴]

種族・属性・レベル等も全てが違っており、レベル4以下のモンスターは全て手札から同名カード以外の空牙団を特殊召喚する効果を持ち、自分が場にいる際に空牙団が特殊召喚された場合に固有効果を発動できる。

レベル5以上のモンスターは特殊召喚された際、場の同名カード以外の空牙団の種類によって効果が強力になっていく。

[デッキのコンセプト]

レベル4以下のモンスターは同名カード以外の制約なく特殊召喚が可能であるため、妖仙獣のように手札にモンスターがある限り一度に大量の特殊召喚ができる。

妖仙獣は通常召喚扱いという強みがあり、こちらは増殖するGなどに弱いデメリットもあるが、リンク召喚がメインの時代に合致した強力な効果である。

増殖するGを使われたくないデッキではあるが、このデッキには増殖するGや強欲で貪欲な壺などのドローカードが必要不可欠となるだろう。

[現時点で見える弱点]

手札からの特殊召喚能力に長けているため、手札の消費は当然荒くなる。

現時点ではリカバリー能力の高いカードが多くないため、未判明のカードの効果が判明するまでは一概に評価はできない。

[デッキを組む際に用意しておきたいカード]

  • 魔獣の懐柔
    未判明のカードによっては採用されない可能性もあるが、空牙団の撃手 ドンパ、空牙団の飛哨 リコンがどちらもレベル2以下の獣族であるため、効果こそ無効になるものの一度に空牙団を2種類用意できるカードとなる。
  • 増援
    空牙団の剣士 ビートはこのデッキの要となる強力な効果を持っているため
  • 増殖するG
    手札からモンスターを特殊召喚することが得意なテーマであるため、モンスターカードを大量に手札に呼び込む必要がある。
    特別な理由がない限り増殖するGは投入可能な枚数まで入れておきたい。