■デッキリスト一覧

第12回遊戯王新倉敷CS結果 HEROデッキにいて考察【遊戯王】

【HERO】はVジャンプで収録されたE・HERO ソリッドマンが早速採用され、 今後のHEROデッキが継続的に結果を残すかどうかが注目される。

ベスト4【剛鬼】デッキレシピを解説【遊戯王】

第1回超・決闘王決定戦では【剛鬼】がベスト4に結果を残した。 今回は採用カードの理由やデッキの動きなどを解説する。

第26回オレたちのトレカ部CS結果考察【遊戯王】

本大会では【オルターガイスト】が優勝。環境で使用されるデッキとしてはあまり注目されていなかったため、驚いた人も多いであろう結果となった。

第7回レイピーCS結果考察【遊戯王】

今回の大会では彼岸・セフィラ・魔術師のチームが優勝を果たした。最新パックであるフレイムズ・オブ・デストラクションのカードを採用したデッキもいくつかあり、試験的な部分もまだ残っているだろうが今後の採用率にも注目していきたい。

幻影騎士団デッキ解説(第8回ヒノキ杯参考)【遊戯王】

第8回ヒノキ杯にて幻影騎士団が優秀な結果を残したのでデッキを解説。環境の加速化や新マスタールールの影響で最近では注目されていなかったが、少なからず改めて見直される機会となるだろう。

植物リンクデッキを解説、第二十四回オレたちトレカ部CS優勝デッキレシピを参考【遊戯王】

第二十四回オレたちトレカ部CSで優勝を残した植物リンクデッキをもとにデッキを解説。

第1回太陽CS結果考察【遊戯王】

第1回太陽CSではトリックスターが優勝となった。 インフェルノイドや青眼なども入賞しており、新環境におけるデッキ構築への大きな参考となるだろう。

第67回 トレカマニア遊戯王CS結果考察【遊戯王】

今大会ではトリックスターが1位と3位に入賞する結果となった。 トリックスターは登場後から環境に結果を残すことは珍しいことではなかったのだが、今後も正確な対策やデッキ傾向を知っておく必要があるテーマと言えるだろう。

彼岸が優勝と準優勝という珍しい結果になった。大会結果考察【遊戯王】

本大会彼岸が優勝と準優勝を残すという結果になった。SPYRALの使用者が12名いるがいずれも結果を残せず、最近では非常に珍しい大会結果となっている。

CS優勝インフェルノイドと2位のセフィラのデッキ考察【遊戯王】

環境を圧巻しているSPYRALが大半を占め、インフェルノイドとセフィラが異質に光る。結果を残したインフェルノイドの構築から簡易的に考察する。

CS優勝!SPYRALデッキが1~4位を独占したので考察【遊戯王】

CS優勝!SPYRALデッキを考察!1~4位のSPYRALデッキでは内容がどう違っているのか!